知らぬ間に親世代の相続問題に巻き込まれた

祖父母が暮らした家は持ち家とは言え、本当に小さな物でした。
子供との同居を望んで改修・改築した部分も数か所あり、言ってみれば継ぎ接ぎの一軒家と言った感じです。
坪数にして20坪も無かったように記憶しています。
それでも遺産には変わりなく、祖母に次いで祖父も無くなった後、その家をどうするかで親世代の中で一悶着ありました。
祖父が亡くなる数年前まで母が同居して面倒を見ていた経緯から、長男でも長女でもない母に家の名義が移されていたのです。後々面倒になるからと、名義変更の件を母は拒絶したそうですが、まだ元気だった祖父が密かに手続していたようです。
長男である伯父は他府県に居て、先に財産分与を受けていたらしく、家は母の好きにすれば良いといったらしいのですが、他の兄弟がそれに対して不満を唱え始めたんです。
すぐ下の妹である叔母は、相談に乗る風な体裁で家の売り先を勝手に探し始めたようです。
母は、二束三文の古家に対する執着もなく、出来れば手放したいと思っていたのですが、長女である伯母に至っては、空き家になった祖父母の家に知らぬ間に家族を連れて引っ越してしまっていました。
本来なら、孫世代の私には関わりのないことだと思うのですが、書類関係はよくわからないからと母に頼まれて相続税の支払いに絡んで役所の窓口に相談に行く時について行きました。
詳しい話は忘れてしまいましたが、急に住みだした伯母には居住権は発生しないと言うことや、法的な持ち主である母にすべての権利があると教えて貰いました。
後は、兄弟の感情の問題なので・・・と。
結局、解体するにも百万近くのお金が掛かることや、更地にしたところで、母にもその後の利用目的がないことから、そのままの状態で出来るだけ早く手放そうということになりました。

幸い古家は、立て直しを検討していたすぐ裏のご夫婦が買い取ってくださることになり、私はこのことも後で聞きました。
売れた分のお金は、ある程度均等に兄弟で分けたようです。伯父だけはその必要はないと言ったそうですが、叔母達からはいつ貰えると都の催促が酷かったようです。

私はたった一回税金絡みで付き添っただけなのに、この決定を下したように思われ、叔母達からは散々電話で孫のくせに金目当てだろうとか、もっと高く売る方法があったのにとか散々嫌味を言われました。
最後に叔母に「ご苦労様代を幾らか上げないとね」なんてことまで言われました。
元々の所有者は母であって、諸手続きをしたのも全て母です。何の権利もない人間にそんなことを言われなないと行けないのかと腹立たしく思ったのを覚えています。
ちなみに、私は一円のお金も受け取っていません。