遺言書、建物を相続させたいなら、土地にも注意しましょう。

数年前に父方の祖父が亡くなりました。父は5人兄弟の一番上、弟1人と妹3人がいます。
我が家の土地と叔父の家の土地の名義は祖父だったので、男兄弟が土地を相続するのは、叔母達も納得してくれていました。
問題は末っ子の叔母の住んでいる家と土地です。実は末っ子の叔母が住んでいる家は、祖父が建てたもので、名義も祖父となっています。祖父母の介護をしていて結婚が遅くなった叔母の事を心配して、叔母が結婚する時に祖父が建てて叔母夫婦がそのまま住んでいました。
「男兄弟が土地を相続して、女姉妹は平等に預貯金を分ける」・・・これが長女の叔母の主張でしたが、末っ子の叔母は「今住んでいる家は私の物。お父さんが公証役場に行って、遺言書を作成してくれたはず」と言い出したのです。
調べて見ると、確かに祖父はきちんと手続きしてくれたようで、家は叔母が相続するという遺言書がありました。
でも叔母の住んでいる土地については、何も書かれていなかったのです。末っ子の叔母は「住んでいる家が私の相続なら、土地も私が相続する」と権利を主張しますが、自分達の知らない処で遺言書の話を祖父としていた叔母の事を、他の姉妹は心良く思っていません。
結局、建物は叔母が相続したけれど、叔母の家が建っている土地は、長男の父が相続するという、複雑な事になりました。
叔母の住んでいる土地の固定資産税を、父が払うのは何のメリットもありません。だって、叔母は借地代を1円も払わないのですから。
父はともかく、母は税金を払う度に文句を言っていました。
でもこれは正解だったのかも知れません。
数年経って、我が家も土地が必要となり、叔母の住んでいる土地がどうにかならないかという事になりました。
叔母は「私には居住権がある」と言っていたので、弁護士さんに相談すると「居住権はお金を払った人が主張できる権利です。1円も払った事が無いなら、出て行って貰えます」と言われてしまったのです。
結局叔母は借地代を渋った為に、別に土地を買って引っ越す事となりました。
祖父が遺言書に土地の件も明記してあれば、こんな問題は起こらなかったのに、祖父が思っていたとは別の形で決着が付いてしまいました。